北斗きのこ3

JPDirectは株(zhu)式会社日本レジストリサービス(JPRS)が提供(gong)するドメイン取得・SSL/TLSサーバー証明書発行サービスです。

JPDirectについて

DNSサービス

DNSサービスとは

JPDirectのDNSサービスは、お客様ご自身のJPドメイン名を、 ご自宅のWebサーバー、メールサーバーやブログサービスの独(du)自ドメイン名設定(ding)機能で利用するために、必要なDNS環境(jing)を提供(gong)するものです。

  • 自宅サーバーでホームページを公開したい
  • 自宅サーバーでメールアドレスを使いたい
  • ブログサービスの独自ドメイン名設定機能を使いたい

など、ご自身(shen)でDNS運(yun)用がむずかしいとお考えのお客様のご要(yao)望(wang)にお応えします。お客様がご自宅等でWeb・メールサーバーを構築・運(yun)用し、利用するためにDNSサーバーを提供いたします。

※本サービスは、独自ドメイン名の利用メリットを実感していただくため、試験的に提供するものです。
※メールサーバーやWebサーバーはお客様自身でご準備ください。
※ダイナミックDNSとしてはご利用できませんのでご注意ください。
※登録すべき内容や、登録するサーバーの設定方法など、技術的サポートは行っておりません。
※レコードの種類・数やTTL、設定可能な内容等、DNSサーバーの各種設定のカスタマイズはお受けしておりません。
※JPDirectのDNSサービスでは、ご要望のスペック等を満たさない場合はご希望に添う他社DNSサービス等の利用をご検討ください。
(JPDirectでは特定のサービスのご紹介は行っておりません)

サービスのご案内

  • プライマリDNS及びセカンダリDNSをセットで提供しております。
    ※お客様がご用意したネームサーバーまたは他社DNSサービスと併用いただけません。
  • Webサーバー、メールサーバー等はご自身でご用意ください。
  • JPDirectで管理を行っているJPドメイン名、gTLD等ドメイン名に設定することができます。
    ※日本語ドメイン名は現在のところメールアドレスとしてはご利用できません。
  • DNSサービスで設定できるレコードは以下の通りです。
レコード名 設定可能数 説明 入力例
Aレコード 合計6つまで ドメイン名またはホスト名が参照するIPアドレスへの対応を示すレコードです。 こちら
AAAAレコード
MXレコード 7つまで メールサーバーを設置する際に必要な設定です。当該ドメイン名宛メールの配送先(メールサーバー)を指定するレコードです。
(例)
EXAMPLE.JP宛のメール → MAIL.EXAMPLE.JPに配送するようにする。
CNAMEレコード 6つまで ホスト名の別名(エイリアス)を指定するレコードです。
(例)BLOG.EXAMPLE.JPをEXAMPLE.CO.JPと同じコンテンツにアクセスできるようにする。
TXTレコード 6つまで 任意のテキストを記述するレコードです。
(例)EXAMPLE.JPにSPFを設定する。

設定時のご注意

  • Aレコード、AAAAレコード、MXレコード、CNAMEレコード、TXTレコード以外(NS、PTR等)は設定できません。
  • "_"を含むホスト名は設定いただけません。DKIM設定が行えない場合があります。
  • ネームサーバー設定やWebリダイレクトサービス、他社のDNSサービスと併用してご利用いただくことはできません。

JPDirectのネームサーバーが自動設定されます

dns1.sys.harrisonviolins.com
dns2.sys.harrisonviolins.com
dns3.sys.harrisonviolins.com

料金

無料でのご提供となります。
本サービスは、期間限定の試験サービスです。
今後、サービスのご利用状況や皆様のご要望等を考慮しながらサービスの継続、有料化も含めたサービスの見直しを行うことを予定しております。
有(you)料化の際には、JPDirect所定の方法で事(shi)前(qian)に通(tong)知を行(xing)い、サービス継続の意思確(que)認を行(xing)わせていただく予(yu)定です。

当サービス全体に関するご注意

当サービスに関する動作(zuo)仕様は今(jin)後変更される場(chang)合があります。また、JPRSは緊急でやむを得ない理由がある場(chang)合は、当サービスを予(yu)告なしに停(ting)止(zhi)することがあります。これらに関する最新の情報(bao)については本ページ及びJPDirectページ内(nei)で提(ti)供していきます。

お申し込みの前には「DNSサービスご利用規程」をご確認ください。

DNSサービスは試験(yan)サービスです。今後(hou)、サービスのご利(li)用状(zhuang)況や皆様のご要望等を考慮(lv)しながら有料化も含(han)め、継続を検(jian)討(tao)してまいります。

登録(lu)すべき内容、登録(lu)するサーバーの設定方法等の技術的サポートは行(xing)っておりません。

登(deng)録可(ke)能(neng)なレコードの種類、数、TTL、設定可(ke)能(neng)な値等の各種カスタマイズはお受けしておりません。

設定時間に関するご注意

お申し込み内容は、設定・解(jie)除共に1時間以内にJPDirectシステムに反(fan)映されます。

※実際にインターネット上でご利用いただけるまでには、24時間程度お時間がかかる場合があります。

【免責事項】

  • JPRSは、本サービスの提供について万全を期しておりますが、本サービスご利用提供、不提供によって発生したいかなる損害についても責任を負いかねます。
  • 本サービスは、お申し込み内容に基づいて提供されるものであり、JPRSは、本サービスご利用者ご自身による申請時の記述ミス等に起因するトラブルについて一切責任を負いません。
  • 本サービスご利用者と第三者との間の紛争に関しては、本サービスご利用者の費用と責任において解決し、JPRSに対してなんらの責任を発生させないものとします。
  • 本サービスの利用条件の詳細については、「DNSサービスご利用規程」をご覧ください。
  • JPRSは、この文書の内容について万全を期して作成しておりますが、この文書の中に誤りまたは脱漏があり、その結果、損害が生じた場合でも、JPRSはいかなる責任も負いません。

よくあるご質問

DNSサービスとネームサーバー設定との違いは何ですか?

DNSサービスは、ネームサーバーのみをご提供するサービスです。Webサーバーやメールサーバーの環境(jing)がある方にご利用いただくサービスです。

ホスティングサービスやレンタルサーバーなどのサービスをご利用中の場(chang)合は、DNSサービスではなくネームサーバー設定を行ってください。

Web制作会社からTXTレコードに追加するよう指示がありました。DNSサービスを利用すればいいですか?

現在のネームサーバー設定をご確認ください。
JPDirectのDNSサービスをご利用中(zhong)の場合は、DNSサービス内(nei)の設定(ding)からTXTレコードを追加してください。

JPDirectのDNSサービスを利用中
[Name Server] dns1.sys.harrisonviolins.com
[Name Server] dns2.sys.harrisonviolins.com
 [Name Server] dns3.sys.harrisonviolins.com

JPDirectのDNSサービスではなく、ホスティング会社(she)が提供(gong)しているネームサーバー等をご利用の場(chang)合は、ネームサーバーを運営している会社(she)にTXTレコードの追加を依頼してください。

どちらをご利用かご不明の際は、JPDirectお客様サポート窓口までお問い合(he)わせください。

サポート/QA