北斗きのこ3

JPDirectは株式会社日本レジストリサービス(JPRS)が提供(gong)するドメイン取得・SSL/TLSサーバー証明書発行(xing)サービスです。

JPDirectについて

ドメイン名を仮登録する

ドメイン名を決める

下(xia)記より、希望(wang)ドメイン名が既(ji)に登録されていないかご確認(ren)ください。

仮登録ドメインとは?

仮(jia)登(deng)録は、株(zhu)式会社設立前や学校の認可前の段階でもCO.JPやAC.JP等を登(deng)録できる制度です。

ドメインを仮登録するメリット

POINT01

組織設立前からCO.JP等を登録できる!

 会社設立前(qian)や組織名(ming)変更前(qian)でも6カ月(yue)以内に設立予定であればCO.JP等(deng)の属性型JPドメイン名(ming)を登録(取得(de))することができます。なお、6カ月(yue)以内に組織を設立し、本登録(無料)を行う必要があります。

POINT02

仮登録したドメイン名にネームサーバーを設定できる!

仮登録中(zhong)も通(tong)常登録と同じように利用できるので、組(zu)織設立前や組(zu)織名変更前からWebサイトやメールアドレスを準備することができます。

POINT03

仮登録したドメイン名は6カ月以内に本登録が必要です。

仮登(deng)録から6カ月以内に組織を設(she)立し、本登(deng)録手(shou)続きまで完了(le)してください。

※本登(deng)(deng)録(lu)が完了(le)していない場合、仮登(deng)(deng)録(lu)ドメイン名の利(li)用は終了(le)となります。

登録可能なドメイン名種別と登録資格

登録可能なドメイン名種別と登録資格

  • CO.JPの登録資格

    株式(shi)会(hui)(hui)(hui)社、有限(xian)(xian)会(hui)(hui)(hui)社、合名会(hui)(hui)(hui)社、合資(zi)会(hui)(hui)(hui)社、相互会(hui)(hui)(hui)社、特殊会(hui)(hui)(hui)社、その他の会(hui)(hui)(hui)社及び信(xin)用金庫(ku)、信(xin)用組合、外(wai)国会(hui)(hui)(hui)社(日本において登記を行(xing)っていること)、有限(xian)(xian)責(ze)任事業組合、企(qi)業組合[*1]、投資(zi)事業有限(xian)(xian)責(ze)任組合、合同会(hui)(hui)(hui)社

    *1 企業(ye)組合は、CO.JPドメイン名とOR.JPドメイン名のいずれかを選択することができます。

  • OR.JPの登録資格

    財団法(fa)(fa)人(ren)(ren)(ren)[*1]、社(she)団法(fa)(fa)人(ren)(ren)(ren)[*1]、医療法(fa)(fa)人(ren)(ren)(ren)、監査法(fa)(fa)人(ren)(ren)(ren)、宗教(jiao)法(fa)(fa)人(ren)(ren)(ren)、特(te)定非(fei)営利(li)活(huo)動法(fa)(fa)人(ren)(ren)(ren)、中間法(fa)(fa)人(ren)(ren)(ren)、独立(li)行政(zheng)法(fa)(fa)人(ren)(ren)(ren)[*2]、特(te)殊法(fa)(fa)人(ren)(ren)(ren)(特(te)殊会社(she)を除く) [*2]、農業(ye)協同(tong)組合、生(sheng)活(huo)協同(tong)組合、外国政(zheng)府の在日公館、外国 の在日友(you)好・通商(shang)・文化交流組織、国連NGOまたはその日本支(zhi)部等、企業(ye)組合[*3]

    *1 一般財団法人・公益財団法人・一般社団法人・公益社団法人も含まれます。
    *2 特殊法人および独立行政法人は、OR.JPドメイン名とGO.JPドメイン名のいずれかを選択することができます。
    *3 企業組(zu)合は、OR.JPドメイン名とCO.JPドメイン名のいずれかを選(xuan)択することができます。

  • AC.JPの登録資格

    学(xue)(xue)校教育(yu)法(fa)(fa)及び他の法(fa)(fa)律の規定による学(xue)(xue)校、大(da)(da)学(xue)(xue)共(gong)同(tong)利用機(ji)関(guan)、大(da)(da)学(xue)(xue)校[*]、職業(ye)訓練(lian)校、学(xue)(xue)校法(fa)(fa)人、職業(ye)訓練(lian)法(fa)(fa)人、 大(da)(da)学(xue)(xue)共(gong)同(tong)利用機(ji)関(guan)法(fa)(fa)人、国立大(da)(da)学(xue)(xue)法(fa)(fa)人、公(gong)立大(da)(da)学(xue)(xue)法(fa)(fa)人

    * 独(du)立行政法人である大学校はAC.JPドメイン名(ming)、GO.JPドメイン名(ming)またはOR.JPドメイン名(ming)のいずれかを選択することができます 。

  • ED.JPの登録資格

    保育所、幼稚園、小学(xue)(xue)校(xiao)、中学(xue)(xue)校(xiao)、中等教(jiao)育学(xue)(xue)校(xiao)、高等学(xue)(xue)校(xiao)、盲学(xue)(xue)校(xiao)、聾学(xue)(xue)校(xiao)、養護学(xue)(xue)校(xiao)、専修学(xue)(xue)校(xiao)、及び各種学(xue)(xue)校(xiao)のうち、主に18歳未満を対象とするもの

  • GO.JPの登録資格

    日(ri)本国の政府機関[*1]、特殊(shu)法人[*2](特殊(shu)会社を除く)、独立行政法人[*2]

    *1 日本国の政府機関は、一つの組織で2つ以上のGO.JPドメイン名を登録する事ができます。
    *2 特殊法人(ren)および独立行(xing)政法人(ren)はGO.JPドメイン名(ming)、OR.JPドメイン名(ming)のいずれかを選択することができます。

仮登録料のお支払い

登録(lu)(lu)者(zhe)情報入(ru)力後、仮登録(lu)(lu)料のお支払いをお願いいたします。

会社設立準備中・登記中にCO.JPを取得する手続き(仮登録申請)

会社設立(li)準備中の段階からCO.JPを取得(de)できます。

「CO.JP」のドメイン名には仮登録制度があり、会社設立前・登記手続き中でも6カ月以内に設立予定であれば登録(取得)することができます。
6カ月以内に組織を設立し、本(ben)登録(無料(liao))を行う必要があります。

費用

新規登録/仮登録 19,048円
(税込20,952円)
更新 7,000円
(税込 7,700円)
本登録 無料
記載事項変更 無料
ネームサーバー設定 無料

登録したドメイン名を変更する手続き(ドメイン名変更料)などは料金表をご確認ください

オプションサービス

ドメインロック
初回設定料
19,000円
(税込 20,900円)
ドメインロック
設定更新料
38,000円
(税込 41,800円)
Webリダイレクト
サービス
無料
DNSサービス 無料(試験提供)

申請から完了までの期間(4月1日申請の例)

申請から完了までの期間(4月1日申請の例)

申請から完了までの流れ

JPDirectのお客様(yang)ID・PWが必(bi)要です。

はじめての方はこちらから作成
※GO.JPドメイン名の場合は、ドメイン管理ページの左メニュー「属(shu)性JPドメイン名>新規登録申(shen)請」からご申(shen)請ください。

ドメイン仮登(deng)録申請 → お支払い(期(qi)限1カ月間(jian))→ 登(deng)録完了

お支払い方法

  • 銀行振込(請求書払い/振込手数料はお客様負担となります)
  • コンビニ支払い
  • クレジットカード払い
  • クレジットカード自動決済(更新時のみ)

登録完了!

登録料の入金確認後、電子メールにて「ドメイン名仮登録完了のご連絡」をお送りします。
「ドメイン名仮登(deng)録(lu)(lu)完(wan)了(le)のご連(lian)絡(luo)」が届きましたら、登(deng)録(lu)(lu)手続き完(wan)了(le)です。

【ご注意】

仮登(deng)録(lu)期間(jian)は6ヶ月(yue)間(jian)です。6ヶ月(yue)以内に本登(deng)録(lu)しない場合、ドメイン名は廃止となりますのでご注(zhu)意ください。

よくあるご質問

「.jp」と「.com」は何が違うの?

「.jp(ドットジェーピー)」は国・地域を表すccTLD(Country Code Top Level Domain)です。日本は「.jp」、アメリカは「.us」、中国は「.cn」など世界各(ge)国に割り当てられています。日本に向けのサイトに「.jp」がよく使われます。

「.com(ドットコム)」は国や地域によらないgTLD(Generic Top Level Domain)です。登録者の制(zhi)限がなく誰でもが登録できるドメイン名です。グローバルなサイトに「.com」がよく使われます。

詳(xiang)細(xi)はをご参照ください。

ドメイン名を取得する際に気を付けることはある?

他人の権利を侵害しないかチェックすることをおすすめしています。

ドメイン名は、空いている文(wen)字(zi)列を登(deng)録できますが、他(ta)の人や会社の名前、商品名、サービス名などをドメイン名として登(deng)録すると、それが不正な行為とみなされ、思(si)わぬトラブルに巻き込まれたり、せっかく登(deng)録したドメイン名を失ってしまうこともあります。