北斗きのこ3

JPDirectは株(zhu)式会社日本(ben)レジストリサービス(JPRS)が提(ti)供するドメイン取得・SSL/TLSサーバー証明書発行サービスです。

JPDirectについて

運営会社について

日本レジストリサービス(JPRS)について

JPRSは、ドメイン名の登(deng)録管(guan)(guan)理(li)・取り次ぎとドメインネームシステム(DNS)の運用(yong)を中心とするドメイン名サービスを行っております。また、インターネットを支(zhi)えるための様々な技術の研(yan)究(jiu)・開発にも取り組(zu)み、さらに、グローバルなインターネット関(guan)連組(zu)織の一員として、国や地域の枠を超え、安定的で高(gao)品質なインフラ環境の整(zheng)備に貢献しています。世(shi)界で唯一「.jp」の管(guan)(guan)理(li)を委任された組(zu)織として、ネットワーク基盤を日々支(zhi)える存(cun)在です。

日本レジストリサービス(JPRS)について
JPドメイン名の登録管理

JPドメイン名の登録管理

ドメイン名は文字列が世界に1つだけのものでなければなりません。JPRSは、最(zui)後に「.jp」がつくドメイン名が重複しないように登録申(shen)請を受け付け、誰がどのドメイン名を登録しているのかという情報を管理しています。

JP DNS(ドメインネームシステム)の安定運用

JP DNS(ドメインネームシステム)の安定運用

DNSはインターネットの裏側で動いているシステムで、ドメイン名を利用するためには必要不可欠な仕組みです。DNSが停(ting)まってしまうと、Webサイトにアクセスできなくなるなど、インターネットそのものが使えなくなる可能(neng)性があるといっても過(guo)言ではありません。JPRSは、インターネットの根幹部(bu)分にあたるJP DNSを、世界26拠点で管理・運用しています。

インターネットを支える技術の研究・開発

インターネットを支える技術の研究・開発

インターネットの安全(quan)性や信頼性を高めるため、JPRSでは最新技術の研(yan)究・開発に取(qu)り組んでいます。具体(ti)的には、DNSのセキュリティに関(guan)する新技術や、日(ri)(ri)本語を利用したドメイン名(例:日(ri)(ri)本レジストリサービス.jp)の利用環境に関(guan)する研(yan)究などがあります。これらの成果は、インターネットに関(guan)する国際的な組織(zhi)で共有し、新しい技術を標準化するための提案活(huo)動につなげています。

国際的なインターネット関連組織での活動

国際的なインターネット関連組織での活動

インターネット全体(ti)を円(yuan)滑に機能させるには、国(guo)(guo)際的な運用体(ti)制の設(she)備(bei)が必要です。そのため、JPRSはインターネットの基盤を支える企業として、国(guo)(guo)内(nei)外のインターネット関連(lian)(lian)組(zu)織の活動に積極的に参加、グローバルな連(lian)(lian)携を積極的に行ってノウハウを交換したり、インターネット全体(ti)のポリシーを提案したりしています。

会社概要

会社名 株式会社日本レジストリサービス
サービス名 JPDirect
Webサイト //harrisonviolins.com/
代表者 東田幸樹
所在地 東京都千代田区西神田3-8-1
千代田ファーストビル東館
電話 03-5215-8456
メール お問い合わせフォーム
主要株主
(50音順)
株式会社IDCフロンティア
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
株式会社インターネットイニシアティブ
株式会社ASJ
株式会社SRA
エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
KDDI株式会社
さくらインターネット株式会社
GMOインターネットグループ株式会社
ソニーグループ株式会社
第一生命保険株式会社
TIS株式会社
一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター
東日本電信電話株式会社
株式会社日立製作所
三菱電機インフォメーションネットワーク株式会社
日本レジストリサービス持株会/役員